野球派 HOME > 少年野球 > リトルリーグ リトルリーグとは

少年野球

リトルリーグとは

リトルリーグとは

1939年6月、アメリカ合衆国ペンシルバニア州ウィリアムスポートでカール・ストッツが中心になって地元の少年12人が少年野球団を結成。初めは、9歳から12歳までの少年で作られた3チームの小さな団体だった。その後、1947年に第1回の世界選手権(リトルリーグ・ワールドシリーズ)が開始された。正式な団体として成立されたのは1964年7月16日で、当時のアメリカ大統領リンドン・ジョンソンの署名によって連邦政府認可の法人となった。リトルリーグの世界本部は前述のウィリアムスポートにある。2003年度の加盟国・地域数は、105ヶ国・地域となり、選手数は270万人、ボランティア数は100万人に上る。

日本では1955年ごろ、東京都近郊にある5-6リーグでスタートし、1964年にリトルリーグ生誕25年を記念し、日本リトルリーグ協会(現・日本リトル野球協会)が設立され、1970年から三井物産、フジサンケイグループの支援で全日本選手権大会(1967年創立)などの全国大会を協賛するようになった。


リトルリーグと一般の野球とのルールの相違点

<イニング> 一般は9回まで(少年軟式野球の場合7回までの場合もある)だが、リトルリーグでは6回まで。トーナメント制が多いので同点の場合は時間・回数無制限の延長戦が行われたり、あるいはタイムテーブルの都合で時間制限=抽選で次のステップに進出するチームを決めることが多い。

<離塁> 一般の試合では走者の離塁は自由だが、リトルリーグでは投球が打者に届く前、あるいは打者が打つ前に走者は離れてはいけない。違反した場合、走者はアウトにならないが進塁・得点は認められず、元あったベースに戻らなくてはいけない。

振り逃げは認められていない。

<投手の投球数> 10歳以下は1日に75球、11-12歳以下は85球までとする。

<投手の休息時間> 1日に61球以上の投球をした場合は3日、41球-60球は2日、21球-40球は1日の休息をとること。20球以下なら休息日は必要ない。

<グラウンドサイズ> 投手‐本塁間は14.03m、塁間は18.29mと、正規サイズ(18.44m、27.43m)の3/4。両翼・センターとも60.95m以上のサイズが必要。

<用具>
<試合使用球> 一般の硬式野球同様に重さ141,7g-148.8g、周囲22.9cm-23.5cmのサイズのものを使う。

<バット> 木製、金属製いずれも可。長さ83.81cm以内、大きさ直径5.71cm以内のもの。

<スパイク> ゴム製のみ使用できる。金属製は使用不可

<ヘルメット> 両耳付きヘルメットを1チーム7個以上必要。打者、次の打者、走者、ベースコーチ(成人は任意)は全員着用を義務付ける。

<プロテクター> 男子選手はサポーターの着用を義務付ける。キャッチャーは金属、ファイバー、プラスチック製のいずれかのカップサポーターと襟付きの長い胸当て、のど当て、脛当て、キャッチャー用ヘルメットを必ず着用すること。



参照:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


少年野球のカテゴリトップへ戻る

少年野球の更新履歴[216件]

SNS野球コミュニティの使い方野球用品店野球用品店リンク登録募集

野球派携帯サイト

野球派携帯サイト

視力回復

メルマガ登録・解除
視力回復メールマガジン

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by ミニまぐ!
 
メルマガ登録・解除
本日の名言・格言

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by ミニまぐ!
 
メルマガ登録・解除
一日一文

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by ミニまぐ!
 

姉妹サイト

店舗お役立ちサイト