野球派 HOME > 動画・インタビュー >  社会人野球 > NAGOYA23 湊川選手  動画・インタビュー

動画・インタビュー

NAGOYA23 湊川選手  動画・インタビュー



アングル1
アングル2
アングル3
アングル4
アングル5
プロフィール

湊川 誠隆 (みなとがわ まさたか) 選手

1980年生まれ O型 兵庫県出身 
右投げ両打ち 内野手 
 愛知県の東邦高校で主将を務め、卒業後、慶應義塾大学へ進学。3年秋と4年春には六大学野球ベストナインに選ばれ、主将も務める。2002年ドラフト8位で中日ドラゴンズへ入団。その後、イタリア野球リーグセリエAのレッジオ・エミリアに所属。現在は社会人クラブチームNAGOYA23にコーチ兼選手として所属しながらファッションデザイナーとしてファッションブランド:「massimonte」を立ち上げ活動中。
ブログhttp://ameblo.jp/minato522/
massimontehttp://www.massimonte.com/
NAGOYA23http://野球.homepage.jp/07/2007/12/post_240.html

バッティング のポイント

1、タイミングをしっかり取る
2、真っ直ぐ立つ(姿勢)
3、始動を早くする

インタビュー

”自分はプロになるんだ”っていう気持ちが本当に強くて・・・

湊川 誠隆 (みなとがわ まさたか) 選手

――現在野球をするにあたって、大切にしていることは何ですか?
湊川選手 準備を怠らないことですね。何事も出だしが悪ければ、そこからチャンスを掴むことは難しくなってしまいます。特に野球というスポーツは、バッティング、守備、走塁、全てにおいて準備できる「時間」がありますからね。
 チャンスを掴むためにも全てのプレーに入る前の「準備」を大切にしています。

 ――理想の野球選手像はどのような選手ですか?
    湊川選手 ミスをしない選手ですね。ただ、どんな一流選手でもミスはしますよね。  なので、安定感のある選手が理想ですね。一番監督が起用しやすい選手だと思います。

 ――野球を始めたきっかけやエピソードも含めて、少年野球時代のことを教えてください。
 湊川選手 小学生になったばかりの頃は野球よりもサッカーが好きで、小学校1年生のはじめはサッカークラブに入っていました。だけど、父親の影響というか、まぁ無理矢理というか1年生の途中には野球部に入っていました(笑)
 でも、周りの小学生は3、4年生から始めるので、早くに始めた僕は同学年の中では上手な方で、子供なりに褒められたりするのが嬉しくて、野球がどんどん好きになっていきましたね。
 最初はセカンドで、途中からショートを。チームでは中心選手でしたね。

 ――中学時代はどうでしたか?
   湊川選手 入学当初は東名古屋スターズというボーイズリーグのチームでやっていたけれど、中学校の先生が毎日家にやって来ては「一緒に野球をやってくれ」って頭を下げてくれたし、学校でやっていれば毎日野球ができるし、効率も良かったので、ボーイズを辞めて中学校の野球部に入部しました。
 この頃、「絶対プロに行く!」って気持ちが、既に芽生えていましたね。毎日、素振り、腕立て、腹筋、背筋を500回ずつやっていました。
 「自分はプロになるんだ」っていう気持ちが本当に強くて、人と一緒のことをやっていてもプロ野球選手にはなれないって思っていたんで、周りの友達が遊んでいようと関係なかったですね。

――全国でも強豪の東邦高校に進学されたわけですが、レベルが高い中でどのようにチャンスを掴みましたか?
  湊川選手 高校入学当初は、僕は体が小さいので100人以上いる部員の中で常にどうやって目立とうかを考えてプレーしていましたね。
 1年生の夏が終わり、新チームになった当初は練習試合でもベンチには入っていませんでした。そんな状況でも、どうやって目立とうか考えていたから、とにかく声を出そうって決めて、ベンチの横で声を出しまくっていたら、それが上手くハマりましたね。阪口監督(現大垣日大硬式野球部監督)に「うるさい!誰だ!?」ってなって、僕だと分かると「うるさいからベンチに入れろ!!」ってなって、「うるさいから代打行け!」ってなって、結果はどん詰まりのポテンヒットで、そこからベンチに入ることができたんですよね。(笑)
 チャンスってのはどこに転がっているのか分からないって事を学びましたね。

――慶応大学に進学され、大学時代ではどのような気持ちで野球に取り組んでいましたか?
  湊川選手 とにかくプロに行くために結果を残そうと必死でした。1年生の春からベンチ入りして、2年生の秋には全国制覇も経験しました。ただ、プロを意識していたから、正直チームの勝敗よりも自分の結果を求めていました。だから六大学で2度ベストナインに選ばれたことは自信になりましたね。

 

――これまで挫折経験はありますか?
  湊川選手 ん~。やっぱり、プロ野球で戦力外通告されたことですね。
僕は入団2年目で戦力外通告されたんですけど、2年目のオープン戦ではスタメンで1軍の試合に出場する機会も多く、何打席か忘れたんですけど連続ヒットも記録して調子は良かったです。ちょうど荒木さん(中日ドラゴンズ)の調子が悪かったので、そのままセカンドでスタメンを取れそうな感じでした。それでも2軍に落とされましたね。まぁ落とされるのも納得はいかなかったんですけれど、自分の中で受け止め、また1軍に上がろうと切り替えました。だけど、2軍の試合でもスタメンで起用されなくなりました。出場機会は代走か守備固めでしたね。それで、その年に戦力外通告を受けたので納得できませんでした。
球団職員としてのオファーもありましたが、幼い頃から野球をやってきましたし、何より自分の中ではまだやれると確信していたので野球は辞めたくなかったですね。
ただプロに関して言えば、自分に絶対的な実力があったら戦力外通告を受けなかったはずだと思い、現実を受け止めるしかありませんでした。
そして、僕は今ある現状から後退してでも野球を続けることが将来的には前進することに繋がると考えていましたから、もう一度プロに戻るためにイタリアに渡って2年間プレーしました。

――イタリア野球セリエAでの2年間はどうでしたか?
湊川選手 月収性で日本のプロ野球よりもシビアでした。向こう(イタリア)では助っ人外国人選手扱いなので余計にですね。
怪我でもして試合を休んだら来月はユニホームを脱がなければならない(戦力外)っていう感じでした。
それが、ある試合で左手にデッドボールを受けて骨折をしました。手がパンパンに腫れ、痛みもあったんで、試合前に監督に「練習をみて、試合で使えるようだったら起用してください」って伝えました。出場したい気持ちはあるけど、チームに迷惑はかけられないですからね。だけどスタメンでした(笑)。
そのまま治るまでプレーし続けていましたね。

 

――セリエAでの成績はどうでしたか?
  湊川選手 僕の中では「もう一度プロ野球へ」という気持ちが強かったので、当然チーム内ではトップの成績を残していましたよ。
でも、あるとき所属していたレッジエミリアの女性のGMと食事をする機会がありまして、「もっと活躍してもらわないと困る」と怒られました。シビアですよね。(笑)

 

――野球に対するモチベーションが下がってしまうときはありますか?
  湊川選手 怪我をしたときですね。野球ができませんからね。
プレーが全くできないときは、治療に専念しますが、少しでもやれることがあるとき、例えば、MAXで50%の動きしかできなかったら、その50%の中の100%を出し切ることを心掛けますね。
 

――過去を振り返って「あの時もっとこうしていれば・・・」と思い当たることはありますか?
  湊川選手 それは無いですね。常に自分に言い訳できない状況を作ってきましたから。人よりいい思いをするには人の倍はやらなきゃいけないって思っていますし。

 

――当サイトは現在野球を現役で続けている選手や指導者、子供が野球をしているお父さんまで、幅広く野球に携わっている人が閲覧しています。少年野球~大学野球までプレーしている選手たちにそれぞれ一言お願いします。
  湊川選手 
~小学生~
まず野球を好きになって欲しいですね。好きになれば辛くても続けられますからね。あと道具を大切に!野球人全員に言えますけどね。

~中学生~
時間を見つけて、自分で決めたことを「継続」することですね。人と一緒のことをやっていては、よほどの才能がない限りレベルアップはしません。

~高校生~
練習もハードになるんで怪我に気をつけることですね。 あと「我慢」覚えることが大切です。

~大学生~
目標を持って最後までやり遂げることですね。社会人になった時に大切なことだと思います。

 

――それでは最後に、湊川選手にとって野球とは?
 湊川選手 自分を成長させてくれたと共に、湊川誠隆の基盤となっているものです。 本当は人生と言いたいところなんですけれど、今は野球で飯食ってるわけじゃないんでね。

チーム情報

動画・インタビューのカテゴリトップへ戻る

動画・インタビューの更新履歴[2件]

SNS野球コミュニティの使い方野球用品店

野球派携帯サイト

野球派携帯サイト